戸建てに住むと家を新築した後にも様々なお金が必要になってきます。

具体的に挙げるならば、10年に一回の外壁塗装の塗り替え工事にかかる費用は、家を建てた後にも支払いにかかる費用をプールしておかなければなりません。

それらの戸建てのランニングコストは、少なく済めば済むほど良いと考えるのが普通でしょう。では新築時にどんなことに気を付ければ、それらが後々節約できるようになるのでしょうか。

外壁に関しては、基本的にはメンテナンスフリーと言われているタイルを選択するのも一つの方法です。新築時の初期投資としてはサイディングよりも高額になりますが、サイディングが10年に一回の塗り替えが必要になることを考えれば、タイルのほうがトータルで安く済むケースもあります。塗り替えの回数が増えるごとに費用に差が出てくるため、特に子供さんが家を継ぐかどうかを判断基準にするのも良いと思います。

ただし、地震などでタイルが剥がれ落ちた場合などは補修が必要になります。その時にすでに施工されているタイルが廃盤になっていて在庫がない場合は、全てのタイルを新しいものに貼り替えないとデザインがおかしくなる場合があります。そういったことを避けるためには、新築時に予備のタイルを購入して保管しておくことも必要です。