足が冷たい/ 11月 11, 2015/ 未分類

「新築した家の思い出」と言えば、やっぱり先ず思い出すことと言えば、新しい木のニオイですね。新築した家独自のニオイってあるじゃないですか。ニスのにおいではないと思うのですが、なんというのでしょうか。あのどこか薬品のようなニオイと、新しい木材のニオイが入り交じったような新築独自のニオイです。あのニオイが大好きなのですよね。

人によっては「薬品くさくって苦手!早く新しい家のニオイ消えて欲しい〜!」という人もいるのですが、けれども私は大好きですね。なんならあのニオイがずっと消えて欲しくないと思うぐらいに新築した家のニオイって大好きです。

ですから、先日のことなのですが私の古い友人が新しい家を建てたのです。それで新築お披露目とおよばれされてきたのですけれど、もう大きく深呼吸をしてしまいましたもの。新築した家のニオイが大好き過ぎて。けれども不思議なもので、新築した家に入った瞬間はニオイを存分に感じるのですが、30分もすればなれてしまってとくに感じなくなるのですよね。それがなんとも惜しいです。