足が冷たい/ 11月 7, 2015/ 未分類

新築した家の思い出について、体験談をお話ししたいと思います。
まずそのためには、以前はどんな家に住んでいたのかお話ししたほうがよいでしょう。私の住んでいた古い家は、築四十年を優に超える大変古いものでした。もちろん建てた当時そのままということもなく、増改築を何度か繰り返していましたが、悩みの種は台所とトイレでした。

もう現在はまず見かけることのなくなった汲み取り式のトイレだったのです。夏場は悪臭が酷く、一番初めに改築したのはそこでした。

また、キッチンにはどれほど注意しても暖かくなるとゴキブリが繁殖しました。古い家でもうゴキブリが完全に巣くっていたのでしょう。

ですので、新築した家は、それらがとてもよく改善されたものになりました。

例えばトイレはいうまでもなく水洗式。しかも以前は平屋で一箇所しかトイレがなかったのに対し、今回は二階建てで一階にも二階にもトイレを完備しました。

また、キッチンはゴキブリなどの対策もとられたもので、新築して数年経ちますが、まだゴキブリを見かけていません。

また、抗耐久性が通気材をしっかり選ぶことによって変わってくるという話も聞いたのでその部分にもこだわってみたつもりです。

以前の家での苦労があったからこそ、より快適な家を造ることができたように思います。