実際に自分が家づくりを経験したのと、ちょうど同時期に家を建てる知り合い5家族ほどの話を総合すると、〝カーポートとバルコニーの屋根はつけておくべし〟という教訓が生まれました。関西の都会とまではいかないそこそこの町で、豪雪地帯ではありませんが、カーポートのあるなしで、全然違います。冬場、雪は降らずとも冷え込んだ朝、通勤しようと車に乗り込む時にフロントガラスが凍りついていることがありません。これはカーポートの有無で大きく異なる部分です。

また、バルコニーの屋根がない家も多く見かけますし、ない方がおしゃれなデザインと言える家もありますが、日中多少降ったとしても夕方帰宅して洗濯物が濡れていないことの方が私にとっては重要でした。ダイレクトに日光に洗濯物を当てられるところは心地よいですね。

我が家は他の人からのアドバイスでどちらも施工の最初からお願いしていたことでありましたが、一旦はその2つのない家で暮らし、やはり必要性を感じて後付けしたという家族もいます。始めからつける、決めておけば無駄な出費も抑えられます。

今現在、私が思うのは〝玄関の庇をもっと大きくしておくんだった〟ということです。雨が降っていると玄関のドアを開けた途端から雨が降りこむことにはいつまでたっても慣れないからです。これこそ、後で決心したところで後付けもできない箇所であり、残念な思いをしています。

今から家づくりを検討される方にはカーポートとバルコニーの屋根+玄関前のひさしを検討されることを強くお勧めしたいです。