マイホームを建てようと決めてからは妻と一緒に色々と考えました。

マイホームを建てようと思ったのは、子供が二人いて、住んでいた賃貸マンションよりも、家族の家があった方が生活を豊かにすることが出来ると思ったのです。

家づくりをするためにたくさんの情報を集めようと、家族で何度も住宅展示場に足を運びました。

どんな家がいいのかとか、どこの会社に家を建ててもらったらいいのかとか、実際に家を見た方がイメージが湧くからです。

断熱性を高める家づくりを考えるのなら、断熱性の高い建物を考えるハウスメーカーを探すのが良い方法です。

そういったメーカーなら、夏は涼しく、冬は暖かいという断熱性を高める家づくりをすることができます。

気密性も高く、断熱性を考えた機能的な窓や床、家の構造をまでを把握し、そういった家をしっかりと建てることができます。

隣の部屋との温度差があまりない建物を建てれます。

セントラルホームなら、断熱材はより高気密性を考えた発泡ウレタンフォームを採用しています。

又、より断熱性が高いアルゴンガス入りのアルミ樹脂複合サッシを取り付けるので、気密性もより高めることができます。

サーモバリアというアルミ箔のアルミの粉を付けたシートを屋根に採用していますから、雪が降っては屋根が冷えて家の中の温度が下がるのも防ぐことができます。

屋根から窓、壁からと家全体を外気が入ってきにくい建物にすることで、より断熱性を高めることができます。

私は特に要望が無かったのですが、妻は断熱以外にもバスルームにキッチンにと細かいところまでよく考えていました。

子供達の部屋もちゃんと作って、みんなが住みやすい家づくりのために妻は熱心に考えてくれたのですごく助かりました。

家造りに関しては、妻が頑張ってくれていたので、私は住宅ローンなどお金のことを考える時間がたくさん取れました。

予算内で希望の家を建てることが出来るかとか必死に悩んで、いい住宅ローンも見つけることが出来ました。

家づくりは上手くいったと思いますが、またすることがあれば次はもっといい家を建てることが出来る自信があります。それくらい色々な知識が身につきましたし、じっくりと考えていい経験が出来ました。

家造りは建てて終わりでなく、徐々に自分たちが住みやすいように少しづつ工夫していきもっと暮らしやすいお家をつくっていこうと思っています。

<特別サポート>工務店向け集客ノウハウ|内職|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|貯蓄|アフィリエイト相互リンク|JALカード|家計見直しクラブ|GetMoney|ページランク|クレジットカードの即日発行じゃけん|ページランク ランキング|サイドビジネス|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|